児童・少年の健全育成 未来をになう子どもたちが、心ゆたかに成長することを願って

研究・地域活動助成 環境問題研究助成

第39回ニッセイ財団 
環境問題助成研究 ワークショップ開催
自然資本管理の進め方
~多様なセクターの参加による自然資本管理のための
論理と技術~


日 時:2024年03月15日(金) 13:00~17:00

    ハイブリッド開催

    ・Zoomウェビナー
    ・オンサイト会場(京都先端科学大学太秦キャンパス・W204)

主 催:公益財団法人日本生命財団
「多様なセクターによる自然資本管理」研究会

後 援:公益財団法人ニッセイ緑の財団


生物多様性条約COP15で採択された「昆明‐モントリオール枠組」や、「生物多様性国家戦略2023-2030」では、「自然に根ざした社会課題の解決(NbS)」や「自然共生サイト・OECM」をツールとして「生物多様性の損失を止め、自然を回復軌道に乗せる(Nature Positive)」ことが目指されています。
そして、これを実現するためには、自然資本の上手な管理活用をそれぞれの地域で促進し、地域の政策に統合していくことが必要だと言うことは、皆が認識するようになっています。
今、求められているのは現場で使っていける論理と技術です。

ニッセイ財団の学際的総合研究助成を受けた当研究会では、こうした状況を踏まえ、本ワークショップにて、景観生態学を基盤に持つメンバーが実践してきた協働による自然資本管理の過程を社会科学的な視点から整理し、そして、パターン・ランゲージによる読解をとおして、様々な地域で活用可能な技術として提供します。(プログラムはこちら

  1. 定員:会場・定員120名(先着順:申込〆切3月6日(水))
  2. 参加料:無料
  3. 申し込み方法
    参加ご希望の方は、以下のリンクより申し込みサイトにアクセスし、
    必要事項をご記入ください。
    後日、事務局より参加方法の案内を送付いたします。
    参加申し込みフォーム:https://forms.gle/VnBLq6ptKUfEdBXk8

    <クリックで拡大表示>

  4. 1.*<個人情報の取り扱いについて>
    今回登録いただきますお客様の個人情報は、当財団個人情報方針に基づき厳正に取り扱い、本ワークショップの受付、ご案内のみを目的に使用させていただきます。

  5. 2.※Zoom接続はご自身のパソコン、通信環境でお願いいたします。Zoom接続のサポートはいたしかねます。
    また通信料は参加者負担となりますのでご注意ください。
  6. 3.※オンサイト参加の方は、会場である京都先端科学大学太秦キャンパス(https://www.kuas.ac.jp/about/facility/uzumasa)への移動は、ご自身でお願いいたします。交通費は参加者負担となりますのでご注意ください。