児童・少年の健全育成 未来をになう子どもたちが、心ゆたかに成長することを願って

研究・地域活動助成 高齢社会助成

●第32回シンポジウム「高齢社会を共に生きる」の案内

過去のシンポジウム一覧がご覧いただけます

 当財団では、高齢社会先駆的事業・地域福祉チャレンジ活動助成の成果を広く社会に還元するため、「高齢社会を共に生きる」という統一テーマでシンポジウムを毎年開催しています。
 2018年度も第32回シンポジウム「高齢社会を共に生きる みんなが地域づくりの主役―農福連携による福祉でまちづくり―」を2018年12月1日(土)、大阪国際交流センターおいて開催いたします。
 当日は徳島県上勝町の株式会社いろどりの社長横石知二氏に「一枚の葉っぱから生まれた幸せ~もうひと花咲かそ~」のタイトルでの基調講演に始まり、2016年10月から実践活動に取り組んでこられた助成先4団体からの実践報告、最後に同志社大学社会学部教授の上野谷加代子氏のコーディネートにより、実践報告者、研究者との総合討論を行います。
 なお、当シンポジウムは認知症ケア専門士単位認定:3単位となります。
 現在、参加費無料にて参加者を募集しています。皆様からのお申込みをお待ちしています。(定員:1,200名、募集〆切:11月16日)

開催概要参加者募集ビラ・プログラム大阪国際交流センターの交通案内
 がご覧になれます。

●第26回高齢社会ワークショップの案内

過去のワークショップ一覧がご覧いただけます

 また、高齢社会実践的研究助成の成果を社会に還元し、研究や実践に取り組む研究者や専門家と議論する「高齢社会ワークショップ」を毎年開催しております。
 2018年度は2018年11月30日(金)、大阪国際交流センター小ホールにおいて開催いたします。 現在、参加費無料にて参加者を募集しています。皆様からのお申込みをお待ちしています。
(定員:180名、募集〆切:11月16日)

参加者募集のご案内とプログラム、参加申込書がご覧になれます。

  1. <個人情報の取り扱いについて>
    今回、ご記入いただきますお客様の個人情報は、当財団の個人情報保護方針に基づき厳正に取り扱い、本シンポジウム・ワークショプの受付、案内および今後のシンポジウム・ワークショプの案内のみを目的に使用させていただきます。